ジェットスターを利用する場合の機内持ち込み手荷物

ジェットスター・ジャパン、バニラ・エア・ピーチアビエーションなど格安航空会社(LCC)を利用する場合に見かけの運賃は安いですが追加で必要になるコストに注意をしなければなりません。場合によったら大手航空会社の早割格安航空券を使ったほうが安くなることもあるからです。今回は【ジェットスターを利用する場合の機内持ち込み手荷物】についてお話します。

チェックインカウンターに預けない機内持ち込み手荷物のルール

バッグのシルエット
エコノミークラスの場合は7キログラムまで、ビジネスクラスの場合は14キログラムまでの制限になっています。重さだけでなくて個数の制限があります。
エコノミークラスの場合は手荷物が1つと手回り品1つです。ビジネスクラスの場合は手荷物が2つと手回り品1つです。
そして手荷物1個当たりの重量は7キログラム以内と制限されています。

手回り品というのは漠然としていますが具体的には次のようなものです。
傘・コート・ノート型パソコン・財布・書籍・ハンドバッグなどです。

重さ制限は手荷物と手回り品の合計になります。売店で購入したお土産も重量に含まれます。

大きさにも制限がある!

重さや個数だけではありません。各辺の長さまでシビアな制限があります。56センチ・36センチ・23センチ以内でなければ持ち込みができません。3つの長さの合計が115センチではないです。できるだけ荷物を持ち込まないようにする意図が見えます。

スーツケースのカバーなどの場合はサイズが大きくなりますが、114センチ・60センチ・11センチと決められています。キャスターやキャリーバッグのハンドルも少しでっぱりがあります。それもサイズに含まれますので注意しましょう。

もしも、重さや長さのサイズがオーバーしたらどうなるのでしょうか?機内に持ち込みはできません。受託手荷物扱いにしてチェックインのときに預けます。これも事前に予約していないと余分にお金がかかります。15キログラムまでならば2600円です。

いかがでしたでしょうか?

チェックインするときに荷物を預けなくて、搭乗するときに重量などが超過していることがわかったら、搭乗ゲートで荷物を預けることになります。この場合は3000円になります。400円高くなるのです。このように、荷物の制限はとっても厳しいです。

できるだけ荷物を少なくして燃費を良くしたいのですが、あまりにも行きすぎている感じです。LCC(格安航空会社)の格安航空券で国内旅行をする場合は、こういった荷物の料金まで比較したほうがいいです。ケースバイケースですが、日本航空や全日空の早期割引運賃を使ったほうがトータルコストは安くなることもあります。

サービスは大手航空会社の方がいいですし、シートピッチも広くて楽々です。

関連記事: